fc2ブログ
flower border

鎌倉の寺社めぐり(43)―円覚寺松嶺院

皆様こんにちは先月に引き続き、鎌倉の寺社めぐりですピンッ♪今回の鎌倉寺社めぐりは、円覚寺の塔頭の1つである松嶺院ですプンプン★松嶺院は、円覚寺境内にある塔頭の1つで、円覚寺百五十世の叔悦禅懌(しゅくえつぜんえき)が不閑軒として創建したことに始まり円覚寺百五十四世の奇文禅才(きぶんぜんさい)が、松嶺院妙円尼の寺領を拝して中興し松嶺院に改称されたそうです。また、それ以前に円覚寺四十世の大拙祖能(だいせつそのう)の塔...

鎌倉の寺社めぐり(42)―建長寺回春院

皆様こんにちは先月に引き続き、鎌倉の寺社めぐりですプンプンッ★今回の鎌倉寺社めぐりは、建長寺の塔頭の1つである回春院ですウィー♪回春院は、建長寺二十一世住持の玉山徳璇(ぎょくさんとくせん)の塔所で、若い頃より蘭渓道隆を師と仰ぎその語録に記された「寒巌幽谷の面々は春に廻る」から幽谷山回春院の山号と寺院名が名付けられたそうです。ご本堂の前には大覚池があり常に大亀がいるとの伝説があるそうです。さっそく、入ってい...

鎌倉の寺社めぐり(41)―光触寺

皆様こんにちは先月に引き続き、鎌倉の寺社めぐりですウィー★今回の鎌倉寺社めぐりは、十二所の光触寺ですプンプン♪光触寺は、創建が1278年(弘安元)で開山は作阿上人、開基は一遍上人と伝えられており、もともとは真言宗のお寺でしたが、一遍上人が1282(弘安5)に遊行の途上に鎌倉に入った際に作阿上人が一遍上人に帰依したことで時宗に改め、以降は念仏道場として栄えたそうです。さっそく入っていきますわかりやすい案内板も設けられて...

鎌倉の寺社めぐり(40)―建長寺半僧坊

皆様こんにちは先月に引き続き、鎌倉の寺社めぐりですウィー★今回の鎌倉寺社めぐりは、建長寺の最奥に位置する半僧坊ですキィーキッ♪半僧坊は、建長寺の鎮守である半僧坊大権現をまつり1890年(明治23)に半僧坊の本元である静岡県浜松市の方広寺より勧請されました。半僧坊大権現は天狗の姿で参道石段には天狗像がおかれています。さっそく、建長寺の境内から半僧坊参道を進んでいきます途中に達磨像がありウィー太郎くんがご挨拶しますエヘン♪...

鎌倉の寺社めぐり(39)―青梅聖天社

皆様こんにちは先月に引き続き、鎌倉の寺社めぐりですピンッ♪今回の鎌倉寺社めぐりは、雪ノ下地区の青梅聖天社ですプンプン★青梅聖天社は巨福呂坂切通しを往来する人々の旅の安全を願い創建されたといわれており、時期ははっきりしませんが南北朝期につくられた双身歓喜天が祀られています。さっそく入っていきます鳥居の横に案内板が設けられており由来が記されていましたエヘン♪鳥居をくぐり、急な階段を上がっていきますハアハア階段を上る...